第18回 フライパンで作る山海の幸のパエリア|~とっておきのフレンチをご家庭で~総料理長のスペシャルレシピ|横浜・みなとみらい ホテル/宿泊・レストラン・ウェディング・宴会・会議

レストラン

総料理長のスペシャルレシピ

とっておきのフレンチをご家庭で~世界のセレブリティをおもてなししてきた、ホテル総料理長・曽我部俊典によるオリジナルレシピをご紹介いたします。ご家庭でも簡単にできるメニューばかりですので、ぜひお試しください。

第18回フライパンで作る山海の幸のパエリア

パエリアと聞くと難しそうとか、道具が無いとか、そんな先入観が先に立つかも知れません。でも、フライパン1つでこんなに美味しくて豪華なパエリアが仕上がりますので、是非チャレンジしてみて下さい。

※写真はイメージです。

バックナンバーはこちら

材料(6人分)

オリーブオイル 60g
ニンニクのみじん切り 20g
玉葱 160g
ベーコン 120g
米(洗わず使用) 400g
パプリカ赤 80g
パプリカ黄 80g
サフラン(又はターメリック) 少々
イカ 120g
小海老(むいた物) 120g
ソーセージ 120g
トマトコンカッセ(トマトを湯むきし種をとった後、あらくきざんだもの) 160g
ブイヨン(水340cc+チキンコンソメパウダー8g) 340cc
活アサリ 240g
塩・コショウ 少々
バジル 4枚
カットレモン 6個
粗挽き黒コショウ 少々

作り方

  1. 玉葱、パプリカ赤、パプリカ黄はそれぞれ1.5cmの色紙切りにする。
  2. ベーコンは拍子木切りにし、イカは輪切りにし、塩・コショウする。
  3. ソーセージは斜め切りにし、小海老は塩・コショウする。
  4. 直径28cmのフライパンに、オリーブオイル・ニンニクを加え中火で香りを付ける。さらにベーコン・玉葱・パプリカ赤・パプリカ黄を加えソテーする。
  5. 米を加え塩・コショウしてサフランと共にソテーし、表面を平らにならす。
  6. 米の上に、イカ・小海老・ソーセージ・トマトコンカッセを彩りよく並べ、340ccのブイヨンを加え沸騰させ、約5分加熱する。
  7. 更に、活アサリを並べ、蓋をして約15分弱火で炊く。そして火を止め5分蒸らす。

盛り付け

  1. 出来上がったら、表面にカットしたバジルとカットレモン、最後に粗挽き黒コショウを振りかけ仕上げる。
  2. お皿に取り分け提供する。

総料理長
曽我部 俊典(そがべ としのり)

1959年 神奈川県生まれ

フランスのイル・ド・フランス、ブルターニュ、ベリー各地方で修行をし、本格的にフランス料理を学ぶ。帰国後は名古屋東急ホテルに勤務。2000年セルリアンタワー東急ホテルのメインダイニング「クーカーニョ」のシェフに就任、2008年「ミシュランガイド東京」で1つ星を獲得。2008年6月 現・横浜ベイホテル東急の総料理長に着任、現在に至る。

手書きレシピをお客様に差し上げるおもてなしが好評。旬の素材にとことんこだわり、その素材の持ち味を生かしながら仕上げる色彩豊かな料理を心がけている。

横浜ベイホテル東急の宿泊予約

宿泊日
宿泊数
 泊
ご利用人数
 名 / 室

横浜ベイホテル東急のレストラン予約

  • 横浜ベイホテル東急の最新情報などを公開中!
  • 横浜ベイホテル東急 Facebookページ
  • 横浜ベイホテル東急 twitterページ
  • 横浜ベイホテル東急 Instagramページ
このページをシェア
  • 情報誌“Oasis”
  • 横浜ベイホテル東急のメルマガ
  • 横浜ベイホテル東急のオンラインショップ
  • 東急ホテルズコンフォートメンバーズ
  • プロポーズプラン
  • 結納・お顔合わせプラン
5人のホテル・コンシェルジュがお勧めする「横浜極上絶景・夜景ツアー」
横浜ベイホテル東急 pagetop