食材探しの旅~熊本~|レストランフェア/カフェ・トスカ/ランチビュッフェ・ディナーバイキング・食べ放題のレストラン / 横浜ベイホテル東急は、みなとみらいの大観覧車前にあるホテルです

食材探しの旅~熊本~|レストランフェア/カフェ・トスカ|横浜・みなとみらい・桜木町のホテルで宿泊・レストラン・ウェディング・宴会・会議なら横浜ベイホテル東急

カフェ・トスカでは毎回人気の地元食材フェアを開催しています。実際にシェフが生産者の方々の元を訪れ、「地産地消」への想いを一層強くもち、メニューを考案した、視察時の様子を一部ご紹介いたします - 横浜・みなとみらい 横浜ベイホテル東急

食材探しの旅~熊本~|レストランフェア/カフェ・トスカ|横浜・みなとみらい・桜木町のホテルで宿泊・レストラン・ウェディング・宴会・会議なら横浜ベイホテル東急

RESTAURANT

メインビジュアル
宿泊予約
レストラン予約
宿泊日
宿泊数
 
ご利用人数
 名 / 室

お電話でのお問い合わせ045-682-2222(ホテル代表)

横浜ベイホテル東急 ホーム > レストラン > オールデイダイニング「カフェ トスカ」

食材探しの旅

食材探しの旅~熊本~

ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 熊本

期間2016年3月1日(火)~4月17日(日)

クレソン

地域の皆さんに守られたきれいな水で栽培されています

生産者
クレソン
丁 文昭さん

クレソンが自然栽培されている清流へ案内していただきました。身軽にぴょんぴょんと奥へ進んでいく、丁さんと小川シェフ。熊本県の自然の恵みを体感しました。

サラダ玉ねぎ

素敵な笑顔で温かく迎えてくれた丸田さんご夫婦。

生産者
サラダ玉ねぎ
丸田 清隆さん

 
丸田 富士子さん

「水俣市の環境マイスター」に認定されている丸田さん。苦味が少なく、水分の多い甘いサラダ玉ねぎ作りについてのお話を伺いました。「農業は楽しいからやめられない!」とおっしゃる姿が印象的でした。

もじょか堂

取り扱う野菜には独自の栽培基準を設けていらっしゃるそうです。

責任者
もじょか堂
澤井 健太郎さん

熊本県の最南端の地、みなまた。「もじょか」とは、水俣の方言で「かわいい」という意味だそうです。もじょか堂では、作り手が愛情と信念をもって作った「もじょか食財(材)」を、「水俣からオーガニック、水俣だからオーガニック」の想いとともに全国へお届けします。

えこめ牛

えこめ牛は、菊池のお米を1頭当たり約300Kg食べるそうです。

生産者
えこめ牛
東 勝廣さん

熊本県菊池地域のお米(飼料用)を食べて育ったこだわりの牛肉「えこめ牛」の牛舎を視察。ヘルシーで美味しいだけでなく、CO2の削減など“エコ”と“コメ(米)”のいいとこ取りの牛肉だそうです。

上天草漁協

初めて拝見する競りのスタイル!

担当者
道の駅上天草さんぱーる
林田 益隆さん

海に囲まれた天草地方では、沿岸で漁獲される「地だこ」や、がらかぶ(かさご)など海の幸も豊富だそうです。磯の香りが際立つ天然もののあおさも絶品です。

塩トマト

2015年12月に伺ったときはまだ青いトマトでした。

生産者
塩トマト
池田 弘光さん


池田 頼彦さん

熊本県の宇城地方など、干拓地の一部で塩分濃度の高い特別な農地で出来る、とても甘く味の濃い「塩トマト」を育てる池田さんのもとへ。

ばってんなす

“茄子ばってん甘い”から、ばってんなすと呼ばれるようになったとも。

生産者
ばってんなす
篠塚 泰幸さん


篠塚 友則さん

JA熊本うきのオリジナルブランドの茄子「ばってんなす。」。小ぶりで身が引きしまっており、糖度は約6度程度水分が多くて柔らかく、あくが少ないため生のまま美味しく食べられるのが特徴だそうです。

いちご

有機JAS認定肥料100%使用、そして世界で数台しかない害虫を寄せ付けない機械も。

生産者
横枕有機農園
横枕 泰助さん


横枕 順子さん

収穫直後だったので、いちごがあまり残っていなかったのですが、私たちのために畑を歩き回り、たくさん摘んでいただきました。美味しいいちごと横枕さんご夫妻の笑顔が忘れられません。

さつまいも

さつまいもは、主に紅はるかを栽培されています。

生産者
農業生産法人コウヤマ
渡邉 弘一さん

熊本の方言で「いきなり」とは「簡単・手軽」という意味。突然お客さんが来てもすぐ作れるという意味と、「簡単に作れる団子」という意味が重なって「いきなり団子」と呼ばれるようになったそうです。

デコポン(不知火)

不知火の中から糖度13度以上、クエン酸1.1%以下の合格品が「デコポン」に

生産者
熊本うき農業協同組合
片岡 智晴さん

熊本県宇城地方の「デコポン」畑へ。「デコポン」は、品種名を「不知火(しらぬい)」といい、その中でも高い基準をクリアものだけが「デコポン」と名づけられるそうです。

日本酒

建物の入口看板や瓦屋根から歴史が感じられます。

生産者
瑞鷹株式会社
吉村 朋晃さん

熊本県熊本市で慶応3年より、清酒の製造に取り組まれている「瑞鷹酒造」は、熊本で最初の酒蔵だそうです。瑞鷹東肥蔵では各種酒造品を製造、大正蔵では試飲や資料展示などもされていました。

ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 熊本

期間2016年3月1日(火)~4月17日(日)